2009年3月13日 (金)

今日は目黒へ

今日は目黒へ出かけ、ずっと見たかった庭園美術館の「ポワレとフォルチュニィ」展ををゆっくり見学。
展示を楽しむために館内を2周、次に建物を楽しむためにまた2周くらいして、ぜいたくな時間でした。(←いつまでもうろうろして、ただの怪しい人かも・・・笑)

しかし、ポワレって今の時代でもこれだけ評価されているデザイナーなのに、生涯で3回も破産している!びっくり。どんな人生だったのか・・・。

ポワレとフォルチュニィ展は、3月31日までの開催です。庭園美術館は、何回行ってもGOODheart


次に、目黒の駅をはさんで全く反対側の目黒美術館で、「祝祭の衣装展  ロココ時代のフランス宮廷を中心に」を見学。

時代的にはこっちを先に見るべきだったな・・・
衣装もそうですが、大きく膨れ上がった髪型にしばし唖然。一番巨大な髪型は、天井から糸で釣ってありました(笑)一見の価値あり♪
3月29日まで、月曜休館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

キャンプに一番向いていなかったのは、誰か。

子どもとその友達をつれて、キャンプへ行きました。
プールもあるキャンプ場で、子どもたちは大喜び。
焚き火での夕飯作りは全てオットが頼り、やや焦げたご飯も炭焼きで香ばしいバーベキューもキャンプならでは。
夜になったら花火。寝る前は毎回子どもたちはテントの中で寝袋に入って大騒ぎするのだけど、今年は昼間遊びすぎてその元気もなくバタンキュー、でした。
私としてはもちろんレストランで食事&ふわふわベッドで熟睡のほうがいいにきまっているけれど、子どもたちが川、焚き火、プールなどを全身で楽しんでいる姿を見ていると、まあこれもいいか・・・と思えます。
しかし、どうしてもキャンプになじめないのがひとり(いや、一匹)いた・・・
山道をずっと車に揺られて、疲れきってグッタリしてしまった、我が家の愛犬!

Pict08361_3

食事の準備に忙しい大人たちや、はしゃぐ子どもたちにお尻をむけて、犬は完全にむっとしている。

Pict08291_2

夕食に肉をやっても、いつもの食欲まるで無し。大量にご飯を残して、誰よりも先にテントに入って寝てしまったcoldsweats01

翌日、子どもたちが再びプールに遊びに行った後、そろそろ片付けようかと車のドアを開けたとたん、さっさと乗り込む犬

Pict08491

と言っても子どもたちは遊びから帰ってこないし、テントをたたむのは時間がかかるし・・・
とうとう犬は不貞寝

Pict08501

犬って普通キャンプ喜ぶんじゃないの???・・・ずっと室内飼いで、冬の間カーペット&座椅子でぬくぬくしてたのがいけないのか????
ともかく、ここまで全身で拒否されたら仕方がない。今度からキャンプのとき、犬はお家でお留守番に決定gawk

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

喰われる~~

ロボット教室に息子を参加させるため、お台場の日本科学未来館へ。
午前中にロボット教室に参加。
午後からはゆっくり館内を見て回りました。

V40100171
日本科学未来館では、ただ今「エイリアン展」を開催中。
入ってすぐのところに、映画で有名な巨大「エイリアン・クイーン」が!!
場内ではフラッシュをたかなければ画像撮影OKとのことなので、早速息子を立たせて記念撮影。
しかし慌てて撮ったのでブレてこんな写真に・・・

「襲いかかる巨大エイリアンと、その前で何も気付かずに能天気にVサインする少年」の図にcoldsweats01

6月16日まで開催だそうです(火曜休館)。面白いのでお勧め!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

一泊旅行

魚釣りをしたいという息子のために家族で一泊旅行に行ってきた。
今はいろいろやることがあって一泊分編み物が出来ないのはかなり厳しいのだが、行ってよかったなあ。昨日は釣堀で息子が釣った魚をオットが炭で焼いての夕食、明けて今日は息子の要望でまた釣った魚と、トマト狩りでもぎたてのトマトの夕食。
黄金色に実った田んぼに陽が反射する中をドライブ。のーんびり。
子どもにせがまれて旅行するなんてこともあとわずかなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

日本科学未来館

今日は夏休み最後のお出かけ、、息子の大好きな「日本科学未来館」へ。
環境を考えるフロアや人体に関するフロアもあるのに、結局ほとんどロボットフロアで過ごす。
前回行ったときに息子が大喜びした「レスキューロボット操縦体験」はなくなってしまっていたのでがっかりしたが、今回は「ライド・カム」という新たな乗り物に挑戦した。
大きな丸ドームがロボットフロアにしつらえてあり、中がちらりとみえると動く客席と大きな丸いスクリーンが見える。ふうん、映像を見ながら席が動くのね、と思ったが、
丸いスクリーンに映る画像は、すぐ横のコーナーにあった六本足の蜘蛛のようなロボットのカメラに写る画像だった。
ロボットに搭乗している気分が味わえるわけです。
誰じゃ「ロボットに乗る気分を味わう」なんてことを考え付いてしかも実際にこんな大掛かりな乗り物を作ったやつは!愉快愉快。大したものだ。こんなことをやる人がいるなんてなんだかうれしい。
「ロボットに乗ったよ!」と、息子も大喜びだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

昭和記念公園へ


今日は、お仕事を放り出して息子と息子のお友達と一緒に昭和記念公園へ。
私ひとりで小学校2年の少元気盛りの少年を二人連れて行くのは体力要るだろうとは思っていたが、予想通りだった。
まずはプール。まだ何をやらかすかわからない年なので、私も一緒にプールに入ってずっと付いて回った。自分が泳ぐ余裕はなかったが、水中歩行エクササイズはたっぷりできたので最近ヤバイ下半身に少しは効いたかな?
さんざん遊んで、「まだ遊ぶ!」というのを切り上げさせて園奥の「こどもの森」へ。息子たちの目的は「フワフワドーム」、白くて丸い巨大なトランポリンだ。到着して早速跳ねだす二人、プールでさんざん暴れてきた後なのに、跳ねるわ跳ねるわ止まらない。私が見るところ、子供たちは顔が真っ赤になり表情もひきつっていて明らかに疲労しているのに、跳ねることをやめられないらしい(笑)。トランポリンの霊にとり付かれた状態とでもいうべきか。帰る時間になって、少年二人にとりついたトランポリンの霊に去って頂くのにまたしばらく時間がかかる。結局自宅に帰れたのは夜7時近くなってしまった。
夜、遅い夕食を食べながら息子が「まだ流れるプールで流れてるみたい。まだトランポリンで跳ねてるみたい♪」と笑顔で言うのでああ楽しかったんだな、よかったなと思ったが、その後
「また行きたい。明日行く!」
と言われてガックリきてしまった。もう無理だよ~~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月16日 (水)

キャンプに行ってきた

一泊でキャンプに行って参りました。
毎年この時期はオットの実家に里帰りしていて、里帰りは新幹線の席の予約をしておいて乗るだけだったので、あまり混んでるとか渋滞とか感じたことはなかったのだが、
今年は実感しましたよ。道路は渋滞。やっとキャンプ場に到着してみたら、テントも軒と軒がくっつかんばかりの混み具合。川沿いのいい場所は皆ふさがっていて、少し離れた場所にテントを張る羽目に。私は内心がっくり。
でも、息子は元気いっぱい。今回のキャンプは私たち夫婦と息子のほかに、息子の友達をひとり誘って一緒に行った。車が渋滞にはまっていても子供二人は車の後ろに積まれた毛布の上に這い上がり、二人で下ネタ満載のしりとり歌を延々と歌い続け、むしろ楽しそう。テントの場所がよくなくても、子供たちはテントに入って大暴れ、焚き火ができれば大喜び。釣堀での魚釣りも息子の友達は初めてだったようで、喜んでいてこちらもうれしかった。

しかし、キャンプで一番気が重いのは、楽しく帰ってきた後に残る車まるまる1台分の洗い物・・・しかも天気は雨続きだし。一番小ぶりなテントの上掛けだけでも洗うかと思って風呂場で洗っていたら、大きな毛虫が1匹落下。一気にやる気を失う。晴れる日まで置いておいて外で洗うぞ!
もう、車に入れたまま丸ごとクリーニング店に出したい気分・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

ウルトラマン伝説展!

岡本太郎美術館の別棟で、「ウルトラマン伝説展」が開かれていた。
実は子供連れで行くと決めたときに、「岡本太郎の作品をまだ見終わらない時にもしウルトラマンの展示が見えたら息子は絶対そちらへ行ってしまうので私はゆっくり岡本太郎が見れない、嫌だなあ」と思っていた。しかし、そこはきちんと考えてあって、岡本太郎を見終えた後に長い廊下を通ると初めてウルトラマンの展示が見えるようになっていた。この心遣いはうれしい。
この「ウルトラマン伝説展」、駅から徒歩20分という場所があってか来客数も少なくゆっくり見ることができたが、
この来客数ではもったいないかも。ウルトラ好きにはお勧め!入るといきなりウルトラマンとレッドキング(わかるかな?)との戦いの場面が実際の着ぐるみで再現されている。他にもウルトラ兄弟や有名怪獣の着ぐるみ、怪獣デザインの下絵やそれを基にした設計図、そして別室で大画面でDVDを放映・・・息子は大画面で見る怪獣の映像に夢中になり、私も1時間近く付き合わされ目は痛いわ首輪は疲れるわ・・・やっと終わってやれやれと思ったら息子は「もう1回見る!!」残念でした、1日1回の放映しかないのです、幸いなことに。
結局息子は展示されている着ぐるみや資料などより実際のテレビ映像で怪獣が動いてるのを見るほうがよかったようで。だったら家でビデオみればいいじゃん、て感じだったが。展示物を見て大喜びしてるのはもっぱら子供より一緒に来てるお父さんの方が多かったようだ。懐かしいよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡本太郎美術館へ

ずっと夏休みを待ちかねていた息子なのに、実際休みが始まって数日経つと床にひっくり返って「たいくつ~~」とボケッとしていることが多い。これが続くと、だんだん息子はきげんが悪くなってきて、とばっちりが必ずこっちにとんでくる。そんなときは、お出かけしてしまうのが一番。
そんなわけで、夏休みお出かけ第一弾!小学校2年の息子と、小田急線向ヶ丘遊園から歩いて20分の「岡本太郎美術館」へ。
駅から美術館へ向けて歩いているときに、たまたまHa-Naさんの作品が売られてるお店「Sunny Days」を発見!びっくり。外から見ただけですぐわかった。サンドイッチも食べられるお店だとは知らなかったな~~ひとつ得した気分。
美術館到着。チケットを買って入ると、真っ赤な壁のトンネルのような入り口で息子は「怖~い」と大喜び。入っていくと妙な形の彫刻がたくさん・・・館内の所々に岡本太郎の等身大の人型パネルが置いてあるので、それに行きあうたびに息子が「お!」とびびるのも愉快。作品なのに座れる椅子などもあって、楽しかった。
しかし息子は、いまひとつ不満そう。「絵だけじゃつまんなーい」大丈夫、キミ向けの企画展を別棟でやってるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

ひとりの時間

自由時間2日目の今日は、バスに乗って八王子へでかけた。
まず、大好きな紅茶のお店「マザーリーフ」に行って、ひとりランチ。これだけのおかずに、あったかいワッフルとポットの紅茶がついて1000円は安い!おいしいものを、ゆっくり食べられるのは、本当に幸せ~♪
それから八王子駅近辺でお買い物。今日は早めに帰って、ちゃんと犬の散歩をして、早めに犬と猫に餌をやった。夜遅くまでほったらかした昨日の罪滅ぼしのつもり。ごめんね。
そして自分の夕食はホカホカ弁当なのであった・・・この2泊3日はガスコンロに手も触れないもんね。皿洗いもないし・・・あー幸せ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧