2017年8月 3日 (木)

今を、楽しむ。

125


自分のイベントの翌週は、息子のロボットイベント見物で名古屋に行っていたので

なかなか製作や、ブログ書きができません( ^ω^; )

やりたいことはいっぱいあるんだけどね。




息子も、もう19歳になりました。

彼が、ロボットのとある仕組みについて、自分で考えた「簡単な製作の仕方」をネットで公開したら

国内外問わずたくさんのチームに採用して頂き、

世界にロボット友達ができたようです。

今の時代はすごいですね。




息子ブログに画像と一緒にレポートをあげてあるので、よろしければ見て下さいね(^-^)

(右にリンクがあります)

息子が小さい頃にはニットイベントに連れて歩いていたので、ご存じの方は

「あの子が、こんなオッサンに・・・」と思うかもしれません(笑)




自分も50歳になるはずだわ、息子がもうすぐ成人だもの。

相変わらずぱっとせずにもがいている私ですが、

年をとっていろいろ経験するとともに、

解放されてきた部分もある気がしている。




「今、楽しいこと」を、やっていきましょう。

「先の幸せのための、今のつらい努力」を続けるうちに、もし死んじゃったら、

いつ楽しめばいいの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

「好きなことをして生きていく」、続き

10


ハンドメイドをやっていて、ちょっとへこんだときに

自分を元気にする言葉が欲しくて、この前このブログにあげた

「好きなことをして生きていく」 という言葉でパソコン検索したら、



「好きなことだけして生きていく」という、書籍の紹介が出て来ました。

有名な方が書いていらっしゃる本みたい。



別バージョンで「好きなこと【で】生きていく」 というのも出て来ますな。

好きなことで食べていくってことですかね。



うーん。

好きなこと「だけ」して生きるのは、現実的に考えて無理だなあ。

好きなこと「で」食べていくのも、私にはまあ、厳しいですね。

この二つは、「才能」と「熱意」と「努力」と「自分を信じて前に出るパワー」を

揃え持った人のみができることだと思ってしまう。



わたしの「好きなことをして生きていく」というのは、

もっと簡単で、

もっと、スケールがちっちゃーーいことです(^^;)



ちょっとしたことでいい、他人にほめてもらわなくても、イイねをもらわなくてもいい。

自分がそれをしてしあわせになることを、

今この時点ですぐ、やってみよう。

ちょこちょこやってみて、思い付いたらやってみて、ずっとそれを続けよう。

と、いうことです。

人の承認を得たい(ほめられるとか、買ってもらえるとか)とかは、置いておこう。

大したことじゃないけど、やりたいようにやってみよう。

下手くそでも不出来でも、やってみて、何かできたら公開してしまおう。

それをやるのが自分にとって楽しければ、それでいい。



そんな思いで今、ちょこちょこと始めています。

たとえば、撮影ボックスの中で毛糸のイキモノたちを撮る「妄想劇場」。

自分が作ったものをもとに、新たに何かを作るって、初めてです。




息子のブログ(右にもリンクあります)のほうに、最近、

息子をネタにしたマンガをアップしています。

ずっとやってみたかったんです。

「少し描いて、上手くなってから」とか思ってたけど、それはもー考えないことにした(笑)




先のしあわせのために、今、好きでないことをがんばりすぎることは止める。

(そこそこはがんばるけどね(^^;))

向いてないことをがんばってるうちに寿命が来ちゃうかもしれないんだから。

好きなことするんだ。やってみればすぐできるんだ。




自分をマンガにしたイラストを描き散らして床に置いておいたら、

いつの間にかその上にネコが寝てました。

なんだか寄り添われているようでしょう。

これも、ほら、うれしいこと^^




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

好きなことをして生きていく

P11205281_3


好きなこと、楽しいことをやって、生活していこうと思う。



これまで、展示販売会に出ては

「私の作るもの、人の目は引くけど、売れないな・・・

他の人のものは売れていくのに、私の作品は売れない・・・

こんな状態じゃ、好きなことを仕事にできない・・・

作っているものがだめなのかな・・・

これではいけない、もっとがんばらなくては・・・」

と、繰り返し繰り返し、思っていた。

近はこう思うようになった。

 

「売れなくってもいいや(爆)

作らずにいられないんだもん。

作って、出すから、皆さん、見てくれ」




それが楽しいんだから、それでいいんだ。

お金は事務仕事で稼ぎます。

稼いだお金で、自分が楽しいほうへ、進んで行くつもりです。




作るの好きな人がみんな、

ちょっとしたものでもいいから何かを作って、

それを人に見せる機会が増えていけば、

どんどん世界が楽しくなっていくと思うのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)