2006年11月15日 (水)

息子の作品 その7

Pict0215
我が家にはゲームがない。
息子の話だと、先日息子のクラスで先生が「ゲームが家にない人!」と聞いたとき、手を上げたのはうちの息子だけだったそうだ。
へぇ~~。
でも、我が家ではゲームはもう少し大きくなるまでお預け。
あんなものがあったら、面白くて止められなくて、友達と遊んだり、本を読んだり、退屈してボケッとしたり、のんびりものを作ることを考える時間なんてとれなくなる。
「ゲーム買って買って!!」と言われても、否応無しに「駄目」。

そこで息子は「いいよじゃあ、自分で作るもん!」
と、作ったのがこれ。
フィルムケースを写真屋さんで分けてもらい、中にウッドビーズを入れてビニールでふさいである。迷路の中をコロコロ転がしてゴールまで持っていく、昔よくあったタイプのオモチャ。
作り出すと息子は熱中してバージョン違いをいくつも作り、一息ついて言うことが
「お母さん、これ作ったけど遊んでも面白くない!やっぱりゲーム買って!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

息子の作品 その6


材料:パン粘土に絵の具で着色。
コメント:少年が粘土細工をすると、必ず一度は作ってみたい作品である。

こんな息子を、「世の中にはもっとすごい人がいるんだぞ」と、今度浅草の、あのビルを見せに連れて行ってやろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

息子の作品 その4


何でも私のやっていることをやりたがる息子。
編み物、ビーズと来て、今度は「ミシン教えて!ミシン教えて!ねえおかあさ~~~ん!!」と、うるさい。
余りにうるさいので教えることにしたが、めんどくさいので
「針を刺して、後ろのレバー降ろして、足で踏む。以上。」
我ながら、これで教えたことになるのだろうか?

後で見に行ったらミシンの下糸が出せないと騒いでいたのでそれだけは丁寧に教えてやった。
それだけで結構息子は飲み込んだようで、何やらまた出来上がり。
右はオレンジのフェルトにミシン刺繍をしまくったもの(ここまでやると何だかエジプトの象形文字みたい)、左はフェルトで作ったお守り、これまた象形文字入り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

息子の作品 その3

引き続き、私が勝手にシリーズ化している「息子の作品」シリーズ。
エルタさんのぜんまいシリーズに対抗してその7くらいまで行きたいな。

突然だがオットはカエルの置物好きである。
オットが子供の頃に親戚のおじさんの庭に大きな置物のカエルがあって、「これは夜になるとゲコゲコと言いながら庭中を跳ね回るんだよ」と言われたのを信じ込んでしまい本当に怖かったそうだ。
それでどうしてカエル好きなのかわからないが、とにかく好きである。
息子もそれを知っていて、この前千駄木のトレマーガに行った帰り、谷中銀座で息子が両手に乗るくらいのカエルの置物を見つけ
「どうしても買う!お父さんのお土産にする!」
と言い張ってとうとう私が買う羽目になった。
よく見かけるタイプの茶色い、親カエルの上に子カエルが乗っかった置物である。

それを手本に、
息子がパン粘土で作った「カエルの置物」。
ご丁寧に着色してラッカーまで塗ってある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

緑豊かな我が家・・・

3連休の初日、息子はオットを手伝って庭仕事。
うちの庭は面積は広いが、川(というか正しくは用水路)に向かって急斜面となっていて、そこにもともと生えていた笹薮と後からオットが植えまくった木が育って、大変なことになっている。
やがて息子が家に入ってきて元気な声で
「おかあさーん、背中をアブに刺されて、へそをアリに咬まれた~~」

結構痛そうなので虫刺されの薬を塗ってやらなければと思いつつ、しばらく息子をほったらかして爆笑してしまった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

あなたならどうする?

昨日は機械編みの締め切りで一日中仕事をし続け、夜やっと発送して
ぐったりして寝てしまった。
そして今日、
いつもどおり息子を起こして学校に送り出す準備をしていると、
息子が私の目の前に黄色いしおりを突き出した。
「これ何?」
ときく私に、息子は
「今日遠足だよ」

ええーっ!!しおりを見ると、持ち物:弁当・水筒・しきもの・・・・なんだって~~!?
知らなかった。
学校からもらった予定表には「生活科見学」となっていたから、弁当持参だなんて思ってなかった。
しおりはずっと前に配布されていたらしいが、息子はランドセルの薄いポケットに入れたまま今まで出さなかったらしい。
ここ数日ずっと仕事に追われていたから、ランドセルをそんな細かいところまで点検しなかったよ。
今7時半。8時には家を出さないと息子は遅刻。弁当の準備、何も無し。
あなたならどうする?

今回はたまたま、息子が昨日の夜遊び半分で握ったおにぎりがあまっていたので、それと昨日の残り物のおかずを弁当箱にぶちこんで、5分で弁当完成。
ラッキーでした。
昨日の残りがなければ間違いなくコンビニ弁当だったなあ。
息子よ、今度しおりを出さなかったら弁当無しで行かせるからね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

自動猫じゃらし機


これは今日息子が考案した『自動猫じゃらし機』。
電源を入れると、左側の緑の部分のモーターが回る。するとその振動が右の針金に伝わって、針金の先にぶらさがった青い毛糸がぶるぶるぶるぶる・・・

・・・・・・・・

息子よ、キミの発想のあまりのすばらしさに、母ちゃんは感動して涙が止まらないよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

びっくり保健室

午前中地域子ども会の仲間と打ち合わせをしていたら、携帯に電話が。
小学校からだ!!さては保健室だな!?
案の定、息子が学校で熱を出して今保健室にいるので迎えに来てくれという電話だった。
慌てて打ち合わせを抜けさせてもらい、自転車を飛ばして学校へ。
もう何回かこういうことを経験しているのでだいぶ慣れたが、やっぱり保健室から電話が来るとびっくりする。

保健室に足を踏み入れてみると、そこは大変な賑わいだった。
今まで保健室がそんなに混んでいたところを見たことはないのだが、今は運動会の直前ということでどの学年も体育の時間が多く、かつ寒暖の変化が激しいので体調を崩す子が多いのだろう。いろんな学年の子がやってきていた。
息子はベッドに寝ていて、保健室の先生が起こしながら状況を説明して下さり、私は何度もお礼をいいながら息子を引き取って学校を出た。
保健室ではグッタリしていた息子は自転車の後ろに乗ると俄然元気になり、後ろから大きな声で
「おかあさん、お昼ご飯はおにぎりが食べたい!」
・・・・キミは本当に具合が悪いのか・・・?

息子は家に帰ってくると気分が変わったのか大きなおにぎりを二つも食べ、熱っぽくはあるものの割と元気。
何で?どうして?心配して損した~。
子どもの体調は気分や状況で変わるから難しいな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

アクセサリー作り

昨日遊んだ分を取り返そうと機械編みのお仕事にいそしむ私の足元で、なにやら私が子供の頃買った紙粘土工作の本を引っ張り出して見ていた息子、早速自分で作り始めた。
出来上がったものがこの画像。一応上半分の丸いのが顔で、その下では長いワンピースから手足が出ている。かわいらしい女の子のブローチを本の見本どおり作ろうとしたらしいのだが、濃い青で皆塗りつぶしてあり、さらに顔の下半分も汚れているので、まるで闇夜の泥棒のように見える。ドロボウのアクセサリーって・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

遊びに行くぞ

明日は息子と遊びに行くぞ。

頂いている仕事は締め切りがあるから仕方がないが、
もし今、自分に新作をひとつ作る時間があるなら、
それを犠牲にしても、私は息子と外に出かけたい。

こんなことを言っていては、
ニット作家としては落第だ。
でも、これが今の自分の立ち位置だ。

息子の小2の夏休みは今しかないのだ。
楽しい夏休みに、してやりたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧