« 春夏もの、製作中♪  | トップページ | 生まれておいで、トリのヒナ。 »

2018年3月25日 (日)

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」

320

引用: http://eiga.com/movie/87780/



「パンズ・ラビリンス」の監督ギレルモ・デル・トロが、また「人間ではないもの」が出てくる映画を作った。


これは、「 フシギなイキモノ 」好きは、見に行かねば!(←フシギな義務感・・・)ということで、

観てきました。「SHAPE OF WATER」





監督は、「美女と野獣」について

「見た目は関係ないという話なのに、主人公が美女と美男なのはおかしい」

というのもあってこの映画を作ったそうですが

いやいやこのイキモノ、イケメンですよね・・・そりゃ目玉の辺りとかキモチ悪いですが、

胸をはった立ち姿は、イケメンのそれですよ。

しかも後半になるにつれ、どんどん人間っぽくなってくる。

「フシギなイキモノ」って感じでは、なかったですな。

しかし、本当に「フシギなイキモノ」だったら、ラブストーリー成立させるの難しいしなー(笑)



あと、楽しく見ていたら、いきなり・・・・・ネコがっ!ネコがっっ!!(lll゚Д゚)・・・

(「ネコ好きさん注意」の映画なんだそうで。観終わってから知った( ^ω^ ;))



と、びっくりするところもあったけれど、

40過ぎたお掃除のおばさんと、半魚人のラブストーリーという、通常では絶対成り立たない

話を、ファンタジーと
映像の美しさで、ちゃんと成り立たせた監督スゴイ。

映像は本当に美しくて、最初と最後の、画面いっぱいのブルーグリーンは印象的。


最後は現実的にはどうなのか?だけど、ファンタジー的にはハッピーエンドでしょう。

観終わって帰宅する間、ほんわかした幸福感につつまれる映画でした。

|

« 春夏もの、製作中♪  | トップページ | 生まれておいで、トリのヒナ。 »

わたしの考え」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」:

« 春夏もの、製作中♪  | トップページ | 生まれておいで、トリのヒナ。 »