« 四谷アトレ展示終了しました | トップページ | あけましておめでとうございます »

2007年12月26日 (水)

通知表

昨日終業式でした。
息子は帰ってきたとき、大得意で手に通知表を振りかざしていた。
「おかあさん!見て!「よくできる」がいっぱいだよ!」

5段階評価でずっときた私には、どうもこの3段階評価
「よくできる」「できる」「がんばろう」てのがぴんと来ないのだけど・・・

確かに、2学期の評価は「よくできる」が多いな。
嘘だ。
漢字は相変わらず覚えないし、最近始まった割り算に至っては、勉強させようとすると泣きが入るほどの拒否ぶり。

「ボクは将来ロボットを作る人になるんだ。ロボットを作るのに割り算なんて必要ない!」と半泣きで理屈をこねる息子。
そこで私「バカモノ、ロボット作るのだって割り算は必要に決まってるでしょ(←具体的にどう必要になるのかは私もよくわかっていない)だいたいね、編み物するのだって割り算は必要なのだよ(といって減目のときの目数割り出しの話をしてやる)」
減目計算の話をしてやると、話がリアルなだけにグウの音も出ない状態で息子はしぶしぶ割り算を始める・・・
たかが割り算の勉強させるだけでこれだけのバトルが必要となる状態。
これで、2学期の成績が「よくできる」?ほんとに?

1学期の成績と比べてみて、こういう結論に達した。
「きっと先生は、『1学期よりはましになりました』と、言いたいのだろう・・・」


|

« 四谷アトレ展示終了しました | トップページ | あけましておめでとうございます »

子どもとの生活」カテゴリの記事

コメント

そうですか、通知表の季節ですねえ。
息子くんはロボット作る人になりたいんだ、
なれるといいね、楽しみだね。
私は、年寄りに育てられたので、
じいちゃんから、割り算習いました。
泣きながらではなかったけれど。(笑)

息子くん、割り算も頑張って!
ファイトー!

投稿: かよ | 2007年12月27日 (木) 11:35

今、息子は余りのある割り算で苦戦してます。
63÷8など、あともう一つで割り切れるというイヤラシイ計算をしたときのこと。答えとしては7で余りが7と言って欲しいのに、
「もう一人いれば、答えは8なんだよ」
と頑固に言い張る息子に困った。それは間違ってはいないが、答えになってないってば・・・。

投稿: ただ | 2007年12月27日 (木) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62408/17485350

この記事へのトラックバック一覧です: 通知表:

« 四谷アトレ展示終了しました | トップページ | あけましておめでとうございます »