« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

親子だから?


地元駅近くのスーパーで今売られている鏡餅。上にミカンが乗っかったのと並んで、小さな丸っこいイノシシの人形が乗っかったタイプが売られている。

息子と買い物に行ったとき、息子がイノシシタイプを欲しがったので、私は
「そんなの駄目。鏡餅は、ミカンに決まってるの!」
と却下し、ミカンタイプを買って帰った。

しかしその後、私たちが鏡餅を買ったことを知らなかったオットが、
イノシシタイプ鏡餅を買って帰ってきた・・・。

ぐっ・・・。
そういう好みだったのか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

ノロウイルス?にやられた

お腹がキリキリ痛くなって、1日動けなかった。
息子のノロウイルス(?未確認)が、うつったかな。
寝返り打つだけでも痛むので、コタツにはまったまま、朝から晩まで、コタツとトイレの移動しかしなかった。
息子は自分で米を炊いて、何もかけない白い飯と、冷蔵庫のゼリーやヨーグルトで食事を済ませていた。
息子も病み上がりでそんなに食欲がなかったので、そんないい加減な食事でも何とかなったが、すまないことをしたと思う。
ごめんよ~ホントに痛くて動けなかったんだよ。
体が強いほうではないので、たまにこういう日がある。家族に迷惑かけっぱなしだ。申し訳ございません。

夜も息子が残り物で鍋を作ってくれた。
食後、頼みもしないのに息子は「おかあさんにデザート作ってあげる」とキーウィの皮を剥いていて、皮むき器で左手の指を切ってしまった。
息子は自分で絆創膏を出して指に巻き、切った指を使わないように苦労しながらキーウィの皮を剥き終えて、「お母さんがよくなるように」と持って来てくれた。
お腹が痛いときにキーウィなんてあまり食べたくなかったけど、そんなにしてくれたものを食べないわけにはいかないじゃありませんか。
ありがたく頂きました。これで明日は元気になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

最悪のクリスマス

昨日、クリスマスイブを私の実家でお祝いしたが、車で移動の最中急に息子が「気持ち悪い。おなか痛い」と言い始めた。
実家でトイレに行った息子は落ち着いたようで元気にご馳走を食べ始めたが、また腹痛が始まって結局全部もどしてしまった。
こういう集まりで子どもが元気がないと全体がしょんぼりしてしまう。病気になるにしてもタイミング悪すぎ!

息子は吐くだけ吐いたので夜はよく眠れたようで、今日は病院に連れて行った。
お医者さんは検査も何もしないで「胃腸の風邪ですね。たぶんノロウィルスでしょう。今日も2、3人患者さんが来ましたよ」
とのこと。ニュースを見てノロウィルスを防ぐために手洗いなどよくしていたのに、とっくにウィルスは我が家に上陸していたのか・・・
というわけで、クリスマスどころではなく、今夜の献立はおかゆと煮物と豆腐の味噌汁である。

ふと、去年の記録をひっくり返してみたら、去年もクリスマスイブの夜に息子は熱を出している。
イブに病気になり、クリスマスに病院にいくのが、毎年のお約束?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

猫、危機一髪

夕方、ずっとニットのウェアをああでもないこうでもないと作っていて行き詰り、
気晴らしに洗濯物でも取り込むかと2階のベランダに上がった。
すると遠くから猫の声がニャゴウニャゴウと聞こえてくる。
試しに返事をしてみたら反応してしきりと鳴くので「もしかしたらウチの猫?」
でも何で声があんなに遠いんだろう。

裏庭に出てみて事態がわかった。
うちの裏には用水路が流れていて、その上に細い木が一本倒れてちょうど橋のようになっている。うちの猫はその橋を渡って向こう側に行ったが、倒木の先が他の木に引っかかって地面からだいぶ離れて浮いていたので、飛び降りたらしい。そして遊んで、さて帰ろうとしたら倒木に飛び乗れず、帰るに帰れなくなったようだ。
向こう岸からこちらを見ながら必死で鳴いている。
私はもちろん倒木は渡れないので、向こう岸に行くにはぐるっと回ってバス通りを通り川の反対側に出てまた川沿いに戻ってこなければいけない。猫はそれまでそこでじっとしていてくれるだろうか?

ちょうど息子が学校から帰ってきていたので、息子を呼び寄せた。
息子は様子を見て「よしわかった」はしごを使って用水路に下りて、反対側の壁を草を握ってよじ登り、猫を倒木に乗っけてくれた。猫は一目散に橋を渡って庭を突っ切り、家の中へ。
めでたしめでたし。
いつも息子のおサルぶりには恥ずかしかったりひやひやしたりしていたけど、たまにはおサルが役に立つこともある。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

町内会の大掃除

地域子ども会の代表として、地元公民館の大掃除に参加した。
それが終わると引き続き町会主催の防災訓練で、息子と一緒に消火器(残念ながら中に入っているのは水だった)を噴射したり、119番への通報訓練をしたりした。
消火器に入っている消化剤は噴射し始めると16秒くらいで空になってしまうんだって。だから噴射しながら移動するのではなくて、火元の近くまで持っていって噴射してくれということだった。勉強になりました。

お掃除と防災訓練の間、地域のおば様たちが公民館の台所で炊き出しを準備。掃除と防災訓練を終えた町会のおじさんと私たちの前に、すごい量のご馳走がならんだ。ちょうどお昼時だったので、息子と一緒においしく頂いた。
町内会の方々ともだいぶ顔見知りになった。考えてみれば、これも子どもが取り持ってくれた縁だろう。
子どもの縁と言えば、次は学校のPTA事務室の掃除当番にいかなければならない。

「ヨソの掃除ばかりして、家の掃除は?・・・」と、オットのキビシイ突込みが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

女ともだち

息子が放課後、女の子の友達を家に連れてきた。
男の子の友達はよく来ていて、2階でドタンバタン、ギャーギャーやるのが常なのだが、女の子を家に連れてくるのは最近にしては珍しい。
彼女はお気に入りらしい縫いぐるみと少女雑誌と集めたブロマイド集みたいなのを持って我が家に来て、居間のソファに座って雑誌を見ている。
その横で息子は男の友達にするのと同じように威勢よくコマを回してみせ、自分の作った工作を見せ、わあわあ何やら騒ぎながら家中を案内し、
さて何か彼女の反応がはかばかしくないのを感じたらしい。
1階に戻ってきて、「何しようかな?何しようかな?」と、やや途方にくれている。

男の子同士なら、バタバタ走ってギャーと言えばそれだけで取っ組み合って盛り上がるのに・・・コマを見せれば喜んで飛びつくはずなのに・・・
たぶん息子の頭の中は「?」でいっぱい。
ついこの前までコドモだったはずなのに、小学校2年生ですでに男の子と女の子の遊び方がこんなに違ってしまったんだね。
途方にくれてる息子を見ながら私は内心「ぷぷっ・・・(笑)」、それでもかわいそうだから助け舟を出してやった「色鉛筆あるから、二人でお絵かきしたら?」

結局二人でおしゃべりしながら静かにお絵かきして、女の子は帰って行った。
息子よ、キミもこれから女心がわからずに苦労するだろうが、
がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

女の子のベスト、完成


ただ今次の展示会に向けてウェアを作ろうと試行錯誤中。
それは大人用のものなので色は白ばかり。
白ばかり扱っているのが続くとどうしても色を使って遊びたくなり、
ちょっと道草を食って子供用ベストを制作。
以前作ったものと同型で、色が少し違うもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

クラシックびたり

最近またクラシック音楽をよく聴いている。
きっかけは馬鹿ばかしい話で、息子が学校で友達が歌っていたらしい替え歌「ちゃらり~♪鼻から牛乳~」を覚えて帰って来て
(この懐かしい替え歌、今の子も歌ってるんだ!の感動と、学校で何習ってきてんだか・・・の落胆とが同時に押し寄せてきた・・・)
家でしきりに歌うのだが何度歌っても音程が間違っている。
友達のを聞いて覚えたんだろうから仕方ないが聴いているうちに私はだんだん許せなくなって、どうしても本物が聴きたくなり、とうとう図書館でバッハ「トッカータとフーガ」のCDを借りてきた。
大音量で聴いて、満足。びっくりして聴いていた息子も、すぐに音程正しく歌えるようになり一件落着。

ところがそれから妙にクラシックを聴きたくなってしまい、図書館で借りてきては聴いている。
息子もホルストの「惑星」の木星のフレーズを覚えて鼻歌で歌ったり、フィギュアスケートで村主選手がラヴェルの「ボレロ」の曲で滑ったのを見て「これ知ってる!」と得意そうに叫んだりしている。
私が聴く音楽は息子も聴くので、クラシックも最初はなるべく取り付きやすいものを聴いていこうと思っている。
次は何にしようかなあ。やっぱり季節柄、「くるみ割り人形」かな・・・これは家にCDがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

猫のお土産


猫が外から帰ってくるときのお土産は今まで
虫、トカゲ、ムカデ、ヘビ、・・・・といろいろあったけど

最近は・・・ネズミ

死んだネズミを誇らしげにかっぷりと口に咥えてガラス窓の向こうから目で語る猫、
「おかあさん、見てすごいでしょ!こんなの捕まえちゃった!おかあさんにも見せてあげる!家に入れて!」
夜だし家に入れてあげたいのは山々なんだけど、その口に咥えているものは要らない!

先日も我が家の猫はネズミを一匹口に咥えてきた。
これで3匹目だ。
太りすぎてどんくさい猫だと思っていたけど、意外とネズミ、とるもんだね~
それとも八王子の我が家の庭には「猫も歩けばネズミに当たる」くらい、ネズミがたっぷりいるのかしら~

今も猫は、夜の庭へ出て行ったきりまだ戻ってこない。
早くもどっておいで。お土産は要らないよ~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

サンタブーツ増産

千駄木の「トレマーガ」のITSUKO店長より、
サンタブーツ追加頼む!と、うれしいご連絡。
早速、現在家にあるだけの材料を使って3つ追加制作。
1つ作ったところで、今まで前面につけていたリボンがなくなってしまったので、
あとの二つ用に、自宅にある材料でちょこっとリース型飾りを作って付けた。
というわけで、今日の画像はサンタブーツ「新型」です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

ツリーを出した♪

12月に入ったので、早速ツリーを出すことに。
押入れからツリーの箱を出してきて、しばらく別の部屋に行って戻ってきたら、
息子がほとんどツリーを組み立て終わっていた。
去年は全部私がやったのに・・・こんなところにも、子供の1年の成長を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »