« スターバックスでニットカフェ | トップページ | 1月も終わり・・ »

2006年1月30日 (月)

編み物バトン

060130_1747.jpg
六本木ニットアウトでお会いしたもえさんから頂いた編み物バトン、大変長く持ってしまいました。すみません!!!
いい加減そろそろ回さなければ。。
質問が9つ入ってます。どれもいい質問だな~~~

1.編み物歴はどれくらい?始めたきっかけ、はまったきっかけは?

初めてベストを編んだのは意外と遅くて、高校の家庭科の課題で。生成りで編んだVネックベストのVのところだけ何度もやり直して真っ黒になったのを提出・・・決して特別編み物がうまいわけではなかった(爆)
その後、OLをしていたときに、「仕事中私の時間は会社のものだけど、仕事が終わった後は自分の好きなことをやろう」と思って、雄鶏社の編み物教室の夜間に毎週1回通いました。講師の資格をとりましたが、その後結婚、妊娠、退職、出産があってしばらく何の活動もしていませんでした。
本格的に始めたのは子供が生まれてから。それまでふらふら遊びまわっていたのが、子供がうまれて外出が出来なくなりました。せっかく家にいるのだからと毛糸を引っ張り出して作り出したら結構作品がたまった→展示会に出してみた→売れたのでうれしくてもっと作った・・・の繰り返し。
「お子さんがいるのによく頑張るわね」といろんな方に言って頂きますが、私の場合子供がいたから編み物でここまでこれたのだと思っています。

2.お気に入りの糸、好きな針の号数は?

太い糸が好き。針も最近は15号からジャンボ針をよく使います。太い糸は早く形が出来ていくので、粘土で造形していくような感覚でニットを作りやすい。 とにかくボリュームがでるので、なるべく軽い糸を使うようにしています。

3.好きな本やデザイナーは?

編み物バトンを回して下さった方がたのここでのお答えはROWANなんてとってもお洒落ですね~。
どうしようかなあ、今特に好きな本とかはありません。自分スタイルを模索中・・・本で言えば、ニットの本じゃないんですけど絵本とか古代遺跡の写真本とかを見てデザインを起こすことが多いです。子供の描いた絵にも、創作欲をそそられますね。
デザイナーさんについては、殿内みつ子さんの作品はいつ見てもすごいなあ~と思います。憧れです。

4.あなたの編み物スタイルを教えてください(お供、(室内外問わず)場所など)。

手編みの場合、自宅で編みながら見るのは何度も見て見尽くしたビデオ。初めて見るものは見入って手が止まってしまうので。テレビを見る場合は、展開が決まりきったもの(○○サスペンス劇場、とか・・・笑)お洒落じゃないな~~
機械編みの場合はラジオを聴いています。

5.編んだ物の中で、一番よく身に着けているものは?

今まで実は、編んだものを余り着ませんでした。私は顔がお子ちゃまなので、手編みニットが余り似合わなかったのです。最近やっとニットと顔がつりあう気がしてきたので、ちょこちょこ作ったものを着ています。
そんなわけで、一番使っているのは、グレー一色で編んだ手袋(写真)。これはお揃いでオットにも編みました。ただし、オットに編んであげたものはこの手袋1点だけ・・・(あれ?)

6.大失敗または大成功エピソードを。編みかけ懺悔なども。

考えてみたけど、編み物って大失敗があまりないのでは?間違えたら布だともうそこでアウトだけど、編み物なら残念だけどほどいてしまえばいいし、袖付けとか反対に付けたりしてもまたやり直せばいいのだから・・・はい、私もそんな間違いは星の数ほどやりました。
あ、思い出した!・・・一番あほらしかったのは、編み物学校に通っていたころ課題に追われ、提出期限に間に合わせるために高速を走る友達の車の中で編み物をしたことがありましたが、後から見たら車に乗る前の編地と全然ゲージが違っていて全部ほどいたことがありましたよ。

7.去年買った糸、どれくらい消費できましたか? 勇気を出して在庫の告白も大歓迎!

糸、ものすごくたまっています。ユザワヤの機械編み教室に通っていた頃は、毎週1回行くたびに何か買ってくるので大変なことになっていた。最近はお仕事で糸が提供されることも多いので、自分で余り買わなくなってきました。それでもまだまだ在庫があり、うちでは一部屋「毛糸部屋」があります。
収納ケースを買っても買っても毛糸があふれているのは何故だ、とオットが嘆いています。

8.いつか編んでみたいもの、編んでみたい糸は?

ニット=身にまとうもの、というのをはみ出してみたい。彫刻をつくるように、着るものではないものを編んでみたい。具体的にまだ浮かばないけれど、ずっとそれを考えています。

9.最後に一言どうぞ。そして次の2人に回してください。

ニットアウトや教室で、編み物を教えている私ですが、基本的には編み物の先生というよりは、ずっと表現者・デザイナーでありたいと思っています。でももちろん、ニットアウトや教室での出会いも大切にして行きたい。もえさん、すっかり遅くなってしまったけれど、バトン回していただいてありがとうございました。

これまでバトンを持った方々はきれいな写真をいっぱい入れているのに、なんだか無愛想なものになってしまって恥ずかしいなあ。これからバトンをつないでいく方、私のは参考にしないで下さい(苦笑)・・・私にバトンを下さったもえさんのページはとても美しいので、参考にして下さいね!
では、私の所属しているニットグループKNIT FACTORY代表のITSUKOさんと、展示会でよくお会いしている着樂さんに、次のバトンをお願いしたいと思います。

|

« スターバックスでニットカフェ | トップページ | 1月も終わり・・ »

編み物・ニット」カテゴリの記事

コメント

たださん、こんにちわ。
今自分のブログからたださんのブログにやってまいりました。編物バトン、他の方のを見るととても充実していて・・とても今は無理かな~と思い
ごめんなさい。パスです。って書いたんですけど・・
ここに着樂さんに・・・って書いてあり・・・
あらっ!申し訳ない!パスさせてもらっていいのかなー? ごめんなさいね。
また元気な時に機会がありましたらお願いしますね。
リンクのサイト名、今から変更しておきますね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 着樂 | 2006年1月31日 (火) 10:44

 わぁ~!お忙しい中バトン、アップしていただいてありがとうございます!
 「古代遺跡の写真本」がデザインのヒントになるのですか!
なんとビックリ!
なかなかお聞きする事の無いプロの裏話を聞けて感激ですっ。
 編み物をする皆さん、それぞれに手編みにまつわる
ストーリーがあり、聞いていて楽しいですよね。(^^)

投稿: もえ | 2006年1月31日 (火) 15:15

着樂さん、お気になさらないで下さいね!着樂さんのブログへ行ったら体調がよろしくないみたいで、また体調が戻ったとも書いてあったのでちょっと迷ったんですけど・・・ヘンなときに回してしまってごめんなさい。お体を大事にして下さいね。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

投稿: ただ | 2006年1月31日 (火) 17:00

もえさん、これだけ編み物を好きな方がいて、バトンが続いているというのはすごいことですね。最初バトンを頂いたとき、正直言って大変だ!と思ったのですが、バトンをさかのぼって見ているうちにいろんな方の手作りへの思いを感じ、回して頂いてよかったと思うようになりました。こんな機会を下さってありがとうございました。
またイベントでお会いしたいですね!

投稿: ただ | 2006年1月31日 (火) 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62408/8417499

この記事へのトラックバック一覧です: 編み物バトン:

« スターバックスでニットカフェ | トップページ | 1月も終わり・・ »