« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月28日 (木)

2005ONDORIニットフェスタ・当日

050728_1813.jpg
いよいよニットフェスタ当日。朝9時前に北沢タウンホールに集合。私は舞台裏で、作品の最終チェックやアイロンかけなどを行う。今日の写真は、舞台裏で出番を待つ沢山の作品たち。
舞台では音楽がかかり、演出のリハーサルがある。演出では毎年笑い話が出るのだが、今年も出た!今年は演出にスモークを炊いたのだがこれがすごく焦げ臭い匂いがしたので、裏にいた出品者たちは「誰かアイロンをつけっ放しにしてる!大変だ!!!」と、大騒ぎになったのであった・・・。全く人騒がせな煙だ。

そんなこともあったが、いざ開場すると受付担当も舞台裏関係担当も皆自分の仕事をしっかりこなし、大きなミスもなくショーは終了した。片付けもすごく早く済んだので、菊地先生と事務局の方、来賓の方、スタイリストさんたち、それに出品者数名で飲みに行く。ちょうど私の隣に若手のスタイリストさんが座ったので、モデルへの服の着せ付け方について「まだまだ遅い!」と、講義をして頂いた。ショーの後は自分の作品はおいといて、自分のフィッターとしての手際の悪さにいつも落ち込んでしまう。年に1回のことなので、すぐ忘れてしまうのだけど・・。

作品が返却されてきたらホームページにアップするつもりなので、よろしければ見てやって下さいませ。モデルさんが着てる状態でアップできれば一番素敵なのだけど、モデルさんの肖像権の問題があるので、ウチの少々太めのボディが着てるのをアップする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月27日 (水)

ニットフェスタ・リハーサル

いよいよ明日ニットショー本番。午後から会場の下北沢・北沢タウンホールでリハーサルなのに、私は朝からお腹が痛くてトイレ通い。どうも今年の夏は昼間暑くても夜は冷えるので、お腹を寝ている間に冷やしてしまったらしい。この大事な時に、大馬鹿者・・・(泣)自分の体が強くないのはわかっているが、それにしてもタイミング悪すぎ。
何とか出かける時間までには腹痛も治まったので、息子を実家に預けて、会場へ。舞台裏で、お手伝いに来て下さった服飾関係の学生さんたちと、作品をモデル別にハンガーにかけて点検し、アイロンをかける。そばではスタイリストさんが床いっぱいにリボンだのレースだのをひろげて、帽子や小物やヘア飾りなどを作ったり、色合いを調節したりしている。
整理がついたところで、リハーサル開始。自分が作った作品をモデルさんが着てくれた瞬間は、作品に命が吹き込まれたようで、何回経験しても感動する。「私、こんないい作品作ったんだあ・・・」単純自画自賛状態。作品がいいんじゃなくてモデルさんがいいんだってば。
実際に作品を着てのリハーサルを2回やり、9時ごろ解散となった。アー疲れた・・・。でもその夜は急いで家に帰り、息子のためにMXtv夜11時過ぎからのウルトラマンを録画したのであった。これをしないと1週間息子にギャーギャー言われる・・・特撮は好きなのでいつもは苦にならないのだが、さすがにこの日はつらいものがあった・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月26日 (火)

お仕事、お仕事

機械編み量産のお仕事のためゲージを編んで返送し、メーカー展示会のためのデザイン案を仕上げた。
いい調子~♪
そしてずっとやりたかった、新作のバッグ作りにとりかかったが・・・
こちらは調子悪し(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月24日 (日)

父のオーケストラデビュー

下手なバイオリンをギコギコやるのが趣味だった父が、最近アマチュアオーケストラに加入した。
そのアマオケの名前を聞いて私はぎょっとした。アマチュアとはいえ、すごくレベルが高いところのはず・・・。父のレベルで入れたのだろうか。しかし、父は、やりたい一心で押し切って入団してしまったらしい。
そして、今日、父が初めてオーケストラコンサートで演奏するのである。
母と私で、こっそり見に行った。あろうことか、もらったパンフレットの団員のページには、私が大学で参加していたオーケストラのメンバーの名前が何人もある。自分の大学サークルの同期と、自分の父が、同じ団体で活動してるって、普通ありえない状態だろう・・・。
コンサートが始まって、父は第二バイオリンの奥~の方に座っていた。若い団員が多い中で、妙に貫禄だけはあり、「若い人に譲って、わしは後ろのほうにおるよ」的な人に見える。しかし、弓をみていれば、レベルの違いはわかってしまうのであった~~
メインの曲がすごく長くて、私も聞き疲れてぐったりしてしまったが、演奏が終わって出て来た父は「そんなに長かった?弾いてると、あっという間なんだよね~♪」と、初めての演奏会の疲れもまだ感じていないらしい。今頃青春してるウチの父!私も昔のサークル仲間と話ができて、よかったよかった。
お互い、好きなことを頑張っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

スター・ウォーズと若さの関係

息子がサッカークラブの合宿で外泊するため、1日子供から解放されるので、会社帰りのオットと新宿で映画を見ることにした。
オットが選んだ映画は「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」。この前まで「スター・ウォーズって何が面白いのかわからない」といっていたオットだが、この前テレビで「エピソード1」を見てあっさりハマってしまったらしい・・・ぷっ。カタカナに弱いオットは、ついこの前やっと「ダース・ベイダー」を言えるようになったところなのに
(関係ないが、オットは「アーノルド・シュワルツェネッガー」は未だにきちんと言えたことがない)
いきなり「エピソード3」など見ていいものか・・・。

で、見終わった後。オットの感想・・・
「皆、この映画を見て、初めて他の作品のいろんなエピソードがつながって、おお~と思っているんだろうなあ・・・その中で、一番オレわかってないんだろうな・・・くやしー!」
エピソード1しか見てない状態でエピソード3を見るのが第一無理があるのに、オットはさらにカタカナに弱いときている・・・ちんぷんかんぷん状態(笑)
私はといえば、
子供のころにエピソード6「ジェダイの復讐」
(今は「ジェダイの帰還」という邦題になっているらしい。「復讐」が今回の邦題とかぶるので変えたのかな?)
を劇場公開で見たとき、宇宙での戦闘シーンなどものすごくわくわくした記憶がある。しかし今回の相当手の込んだ宇宙戦闘シーンを見ても『はぁ~、最近のCGはすごいねえ~」的なすごく冷めた感じで見ていた。これは、私が目が肥えたからではなく、単に『若さがなくなった』ためなのではという気がする。見ながら思わず体が動いてしまうような若さが、なくなってしまったのかなあ・・・

と、いうわけで、パンフレットを買い、帰りの電車はふたりで顔つきあわせて「スター・ウォーズの世界」のお勉強・・・オットよ、頼むから映画を見終わった後に「ところで、フォースって何?」なんていう根本的な質問をしないように、このパンフでよくよく学んでおくれ~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年7月22日 (金)

寝る前のつぶやき

最近のウチの息子、俄然大人っぽくなり、夜は一人でシャワーを浴びて歯を磨く。調子のいいときは一人でさっさと寝に行ってしまう。しかし、昨日は調子が悪かったらしく「おかあさん、寝るまで一緒にいて」。
そこで、息子の横に添い寝していた時、息子が静かに、つぶやいたこと・・・
「ボク、思いがあって、わすれられないんだよ。・・・・その思いが、じゃまなんだよ。・・・ごみばこに思いをすてようとしたんだけど、すてられないの。・・・・そのことばっかりおもっちゃって、べんきょうがあたまにはいらないんだよ。・・・」
彼は静かにつぶやき続けて、寝てしまった。まるで片思いの繰言のようなこの言葉、何の「思い」かというと、今日駅前の100円ショップで売っていたおもちゃのピストルが欲しかったのに、おかあさんに買ってもらえなかったことを言っているのだ。この大人びた言葉と100円ピストルのアンバランス・・・う~ん、子供っておもしろ~い・・・!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月21日 (木)

カブト虫が死んだ

050721_0924.jpg
息子が近所の人からもらって、大事にしていたカブト虫。昨日、お隣の子がクワガタを持って遊びに来て、二人で随分長い間虫を戦わせていた。私が席をはずしている間に、高いところから何度も落としたりしていたらしい。
今日の朝、息子が虫かごからカブト虫を出したら、虫は動かなくなっていた。息子はまず、虫が死んだのは自分のせいじゃない、とひとしきり自己弁護した後、静かになってしまった。
見ると、泣き声を出してはいないものの、喉が激しくひくひくして、涙がにじみ出てくる目をしきりとこすっている。
私は、息子のこの泣き方に弱い。叱られたりして天を仰いで大泣きするのとはまた違った泣き方を、最近息子はするようになった。本当に悲しい時は大音響で泣けないらしい。私も思わずホロリ・・・まさか、カブト虫が死んで自分が泣くことになるとは思わなかった。
カブト虫は昆虫ゼリーと一緒に、息子の手で庭に埋められた。変なところに凝る息子は、石に「カブトムシ」と書いて墓石を作り、埋めた場所に置いていた。かわいそうなカブトムシ。息子に、命の大切さを教えてくれて、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

初めての通知表

今日は息子の小学校の一学期の終業式。明日から息子は夏休み・・・ああユウウツ。うるさいし部屋は片付かないしお昼ごはんも一人だとテキトーで済むけど息子がいるとちゃんと作らないとならないし・・・。
それはさておき、通知表をもらって来た。なんと!5から1までの評価では当然無く、評価の欄は「できる」と「もう少し」の二つしかない!入学当時、もらって来た教科書が薄っぺらなのに驚いたけど、今回通知表もまたあっさりしていることに驚いた。
先生からのコメントは、いいことばかりたっぷり書いてあって、ありがたいことでしたが・・・このあっさりした調子が6年まで続くのかしら。本当に学校の教育だけでいいの?って気にも、確かになるなあ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月19日 (火)

モデルフィッティング

午後からいよいよ,ONDORIニットフェスタ出品作品のモデルフィッティング。制作作品を持った作者、モデルさん、、服飾関係学校から来て頂いたフィッターさんたち、スタイリストさんとヘアメイクさんが一同に集まり、モデルさんに作品を実際着てもらい、菊地正先生の指導の下、微調整と演出の予定をたてるというもの。1点1点じっくり検討するため、全ての作品をチェックし終わるまでにものすごい時間がかかる。
私は今年も、フィッター(=本番中、裏でモデルに衣装を着せ付ける役目)をするので、着せ付けの参考にするため、全部の作品を見なければならない。まあ、作品を見るのは大好きだから苦にはならないが・・・それにしても、2時に始まって終わったのが7時過ぎでした~~。ああやれやれ、さすがに疲れたぞ。でも私の作品はまだ仕上がっていないので、ウチに持ち帰って最後の仕上げだ。
今回のニットフェスタの出品作品は50点、どれも力作ぞろい。演出も、今回は「光」というテーマなので、何か光を使った演出を考えているとのこと。楽しみ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日)

根性なしっ!!

息子のサッカーの試合があった。
暑い中、汗だくになりながら走り回る子供たち・・・皆暑くて苦しいけどがんばっている。ところが、ウチの息子は、途中からふてくされた顔をし始め、試合中もボールを追いかけずコートの中をたらたら歩いてばかり・・・。
いつもは割と元気に走る子なので、コーチも心配して息子を休ませ日陰でシートに寝かせてくれ、冷たい氷水を入れたビニール袋をくれて「熱射病っぽいですから、これで首や脇を冷やして下さい」と。でも、私が首や脇の下に氷を当てようとすると、息子は「くすぐったい~」とキャッキャと大喜び。これは、どう考えても熱射病じゃないだろ・・・。
試合を頑張らなかったばかりか終了後の挨拶もきちんと出来ずたらたらしていた息子は、オットに雷を落とされて大泣き。他のお友達は暑くても我慢して皆がんばって走っていたのに、ウチの息子ったら根性なし!!これは根本から鍛え直さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

教室の日

今日の教室は、いつも来て下さる生徒さんのほかに、飛び入り参加があった。
海外青年協力隊に参加したい、という女の子。参加するのに、ある分野の技術があることを証明することが参加資格の中にあるので、編み物を勉強することにしたが、期日までに間に合いそうに無い・・・という状況らしい。本当に海外青年協力隊なんて大変なことに参加するの?って聞きたいくらい、おしゃれでかわいい女性なのですが・・・。
作品提出期限が迫っているということなので、教室終了後も引き続き作業を続け、私で出来る範囲はお手伝いしたつもりですが・・。せっかく編んだんだから、ぜひ合格して欲しい!がんばってね~。
それにしても、編み物勉強するのにも、いろいろな動機があるものだなあ。

しかし、ふと我に返ると、人様のお手伝いしてる場合じゃないよ~~・・・私が手伝って欲しいくらいだ。ユザワヤで最後の買出しをして、帰宅してまた制作。焦りまくり~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

編みまくる

ニットショー出品作品2点、来週19日の最終モデル合わせに向け、最後の追い込み!間に合わないよー(泣)・・・毎年この時期は「間に合わない間に合わない」と騒いでいるんだけど、今年もまたギリギリだ・・・
お尻がしびれるくらい、座ったまま編み続けている。細かい作業が続いて気が狂いそうになると、犬の散歩に出たりして気晴らし。戻ってきてまた作業を続ける。こんなに編んでいるのに、はかどらないのは何故?
機械編のお仕事も新しく入りそうだし、毛糸メーカーの展示会用のお仕事も来た。早くショーの作品を仕上げないと、後がつっかえてしまう。がんばろー・・・誰か手伝ってー(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

ミニひまわり

050709_1344.jpg
息子が小学校で育てているミニひまわり。夏休み中はウチで観察するため、持って帰ってきた。
持って帰ってきて数日後に、かわいい花が咲いた。
学校で鉢植えを育てるというと、朝顔を連想するけど、今は違うんだね~。2年生はミニトマトを育てているようだ。
ミニひまわりは夏休みが終わったらまた学校に持っていって、種や根っこの観察をするらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月11日 (月)

ニットショー モデル合わせ第一弾

夕方から御徒町事務所で、28日に行うニットショー作品の事前モデル合わせがあった。
ニットショーの作品は全て、モデルサイズで制作する。モデルの全てのサイズを事前に教えてもらい、それに従って制作するのだが、いざ着せてみると修正が必要なことも多い。
モデルさんはとにかく背が高い、足と腕が長い、ウエストが細い・・・なので、長袖やロングスカートは長めに作ったつもりでも「あれ!短い!」ということがままある。また、編み上げたばかりのときはちょうどいい長さだったスカートが、、時間が経つに連れて重みでどんどん伸びて長くなっていくなんてこともある。これは、布とは違うニットの味であり、また扱いにくさでもある。
モデルに来てもらった作品を前に真剣に話し合う各出品者・・・私はその中でも若造なので、大先輩方が終わるまで待っていなければならない。ところが、私はその会場に、小学校から帰った息子を一緒に連れて行っていたのだった・・・これが大失敗。息子はすぐに飽きてしまい、ごそごそごそ・・・テーブルの下を這ったりパイプ椅子の上を土足で歩いたり、果てはモデルさんの着替えのため部屋を仕切っている衝立をずらし、作品を着て下さってるモデルさんを覗いていた。こらっ!!!
出品者の皆様、モデルさんたち、息子が騒々しくて大変ご迷惑をお掛けしました。すみませんっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

灯ろうづくり

050709_1550.jpg
地域の子供会で8月に開催する「子供みこし」に使う灯ろうに、子供たち自身で絵を描く集まりが今日あった。親は自由参加だというので、子供だけ行かせた。終了時間近くに迎えに行ってみると、係のお母さん方が「息子さんの絵、すごいですね~」「上手~」「すごく熱心に描いてたわよ~」と口々に言ってくれた。な、何事を描いたのかと見てみると・・・この絵。これは何を描いたの??息子いわく「雪だるまがみかんの木の下にいるの」

あのね、夏祭りに使うのにどうして雪だるまの絵を描くのよ?!・・・まあ、幸い、言われてみないと「雪だるま」だとわからないので良かったけど・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 6日 (水)

オットの携帯

オットが帰宅して、なにやらぶつぶつ言っている。
会社から新しく支給された携帯が、なんとピンク色なんだそうだ。
本物を見せてもらったら、確かに、メタリックな感じの透き通ったピンクだった。ぷっ・・・。
オットはどうしてもピンクが嫌で、総務に交換を依頼したが、駄目だったらしい。
営業先で携帯を出す時は、「これはボクの趣味じゃなくて、会社が・・・」と、一々断らなければいけないらしい。
息子に、「お父さんの携帯をマジックで黒く塗るように」と、言ってあげようか?(多分、喜んでやると思うよ)

オットはしまいにやけになって、「小指を立てて電話してやる」と、言っている・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

小学校保護者会

050708_1029.jpg
に、出席した。夏休みの過ごし方とか通知表の見方とかの話を聞いてきた。ひらがなの書き順にじたばたしている状態で、通知表もないものだと思うが・・。
教室の廊下側には、「シャワーを浴びている自分の姿」を子供がそれぞれ描いたものが、一面に貼ってあった。顔を描くときは、まず鼻を描いて、次に目を描いて・・という順番で「指導」しているそうだ。絵を描くのに順番なんてないと思うんだけど・・・。こういうところは学校教育はつまらない。
写真は、帰宅後息子が描いた、私の顔。似ているかな?・・・こんなに細面じゃないんだけどな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

知恵熱

昨日の息子の発熱、今朝はもう平熱になってしまった。
やっぱり知恵熱か・・・。
小学校一年生の息子は、最近ナマイキにも宿題を持って帰るようになって、ウチでうんうん言いながらやっている。
意外なことに、算数より国語が苦手。
ひらがなの練習をしているのだが、書き順がめちゃくちゃなのだ。小さいころに母(=私)がちゃんと教えなかったものだから、自分で目で覚えたので、字は書けるが書き順は自己流。「ほ」なんて左の縦棒を後回しにして右側から書き始めるもんだから、必ず左側に寄った「ほ」になってしまう。
母は反省して、夏休みが終わるまでには書き順を正しく直すため、国語の宿題の時にはそばにひっついて、間違ったらすかさず駄目だしをすることにした。結果・・・息子は国語の宿題を嫌がって、何とかやりだしても途中で大喧嘩となる。そりゃ、自分が書いたものをいちいちやり直しさせられりゃ嫌なのはよくわかる。
とほほ・・教育をさぼったツケが今頃回ってきたよ~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

教室の日

今日は教室の日。御徒町で午前中教室、終わってから少し事務所で打ち合わせをして、
市ヶ谷のヴォーグビルにエクトリーの展示会を見に行った。
相変わらずユニークな創作ニットがいっぱい。面白かったが、展示会場にいた関係者らしいお兄さんが、大声で話をしてタバコを吸っていたのが嫌でさっさと出て来た。
その後新宿でデパートめぐりでもしようと思ったが、今がバーゲンシーズンなのをころっと忘れていた。すごい人だかり。ぶらぶら見て回って創作ネタを拾える状態ではないので、デパートは止めて本屋へ。絵本のコーナーを存分に見る。絵本もやっぱり発想とセンスだな。・・・と、やっぱり創作ネタを探している。
帰ってみると息子が熱をだしていた・・・午前中は元気に近所の子と外遊びをして、午後からポンと熱が出たらしい。今晩はまた看病だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »