« 犬との攻防 | トップページ | 毛糸メーカー展示会 »

2005年6月 1日 (水)

貴公子から伝道師へ

家に自分ひとりだけのときは、編み物をする時にはビデオを見ながらしている。編み物は決まりきった繰り返しが多いので、そういう時はビデオ見ながらのほうが飽きずに進められるのだ。もちろん、ビデオは何回も見て筋がわかってるものを選ぶ。はじめて見る字幕スーパーの洋画なんて絶対ダメ!

ところで、今日はビデオの話でなくテレビの話。
ビデオをつけようとまずテレビをつけたら、NHK朝の10時奥様向け番組がちょうど始まるところで、なにやら見たことのある感じのニットが画面に・・・やっぱり、「今日のゲスト」で広瀬光治氏が出て来た!
思わずビデオに切り替えられなくなり、編み物をしながらNHKを続けて見てしまった。
「初心者にも出来る夏のレース編み」という特集で、コップの底より少し大きいくらいの丸い布(端に編みつける穴がちゃんと開いている市販品)に、鎖編みと細編みでフリフリを一周編みつけるというのをやっていた。女性アナウンサーと、イケメンの双子が取り組んでいたが、イケメンの片方が苦戦している手元が大写しになったら、左手の糸のかけ方が全然違う!隣のアナウンサーが一生懸命教えていたが、・・・広瀬先生、教えてあげなよ!!と、思わずテレビにつっこんでしまった私。
その後アメリカでのニットブームが写真で紹介され、オーストラリアの女性が主催している渋谷のニットカフェが紹介された。ニットカフェにいた人は国籍も様々、若い人が多くちょっとうれしかった。

最後に、広瀬氏が「年も年なので『ニットの貴公子』も恥ずかしいので、これからは『ニットの伝道師』と呼んで欲しいと思っています」と言っていた。ニットの伝道師だそうです。
うん、その方がいいと私も思うぞ。

|

« 犬との攻防 | トップページ | 毛糸メーカー展示会 »

編み物・ニット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62408/4369453

この記事へのトラックバック一覧です: 貴公子から伝道師へ:

« 犬との攻防 | トップページ | 毛糸メーカー展示会 »