« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月25日 (金)

昼過ぎ、息子がやってきた・・・

050223_1703.jpg
実家に預けていた息子を、店番後に連れて帰るため、じいじに会場まで連れてきてもらった。
即、ギャラリーはプレイルームとなる・・・
MADOに並ぶ、左から恐竜の骨、ウルトラセブン、「ジェットモグラ」とかいう電池で動くオモチャ。MADOさん、こんなのまで展示してごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

23日はお店番でした

050223_1702.jpg
お店番中作ったモチーフつなぎ。コットン糸で出来ています。バッグにでもしようかな。
教室の生徒さんに影響されて、最近モチーフ三昧です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械編み展・私のコーナー

050223_1305.jpg
機械編みはまだまだ修行が足りないので余裕が無く、作品もちょっとまじめ。
もっと自由に遊んだ作品を作りたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械編み展会場ギャラリー・MADO

050222_1402.jpg
入り口はこんな感じ。
天井が高く床は渋い板張り、とても雰囲気のあるギャラリーです。
JR西荻窪駅南口から徒歩2分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月23日 (水)

機械編み展始まりました

050223_1301.jpg
東京・西荻窪のGallery MADOで、Knit Factory初の機械編み展が始まりました。
機械編みは小物よりウェアの作品、それもワンピースなど大物が多くなるので、会場はニットでぎっしり状態。作品が多くて展示に苦しむうれしい状態でしたが、何とかディスプレーも無事終わり、午後2時にオープンしました。
オープン直後にご近所の方が立ち寄り、私の子供物作品を2点買っていって下さいました。オープン早々、ラッキー!しかし、もともと私の出品作品は少ないのに、その上2点も減ってしまっては、「たださんの作品、どこ?」と言われてしまいそう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月22日 (火)

今日から機械編み展

って言っても、まだ夜中なんですけど・・・。
昨日(さっきまで今日)はパニックだった。午前中で慌てて機械編み展の作品のラベル付けと箱詰め。午後は息子の荷物をまとめ、いつものスイミングスクールに連れて行った後そのまま私の実家近くまで送っていき、預けて私はまた家に戻ってきた。
戻ったら8時を過ぎていたが、それから作品の最後の仕上げ・・・。日付が変わって、今仕上げがやっと終わったところ。段取り悪すぎ。いつものことですが。
これから寝て、朝もまた早く出かけなければ・・・。頑張るぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月19日 (土)

今日は教室の日

御徒町で教室の日。モチーフを練習中の生徒さんと、新しいモチーフの勉強をしました。
教室終了後は手芸店に行き、時間があったので一通り中を巡回。毛糸売り場をぐるっと回っている時の私は、自分で言うのもなんだが「犬の散歩」状態だと思う。前回来た時との違いを目を皿のようにしてチェックし、新しく出た毛糸を見つけると、わんわんわん・・・と吠える・・・わけはないけど、似た感じで興奮する(笑)。今回の「散歩」は、新しく売り場に並べられた春夏糸をたくさん発見し、大変興奮した?散歩でした。
気に入ったものを数点買ってきた。しまいこまずに作品に変えなければ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月15日 (火)

春ものの帽子

050215_1733.jpg
教室で提案用の小物、完成!
モデルはウチのあくたれ息子。似合わない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月14日 (月)

靴と化した靴下

のどかな日曜日のはずの昨日は、息子が悪さをして大変な騒ぎになった。
お隣の年下の男の子の顔に、至近距離からおもちゃのピストルを発射したらしい。
外で遊んでいる時のことで私は全然気付かず(申し訳ございません)、たまたまお隣の奥さんが現場を目撃したらしく、家へ報告に来た。
休日でオットも在宅なので、当然このことは伝わる。話を聞いたとたん、オットは息子を張り倒して外へ放り出してしまった。オットは、「事件後外出してしまったお隣一家が帰ってきて、息子が謝って来るまで、家には入れない」と言う。息子は上着も着てないし靴も履いてない、それに風邪気味なのに・・。私はおろおろ。
昼前に事件が起こって、結局お隣が帰宅したのは3時前・・・その間ずっと息子は靴下のまま外で泣きっぱなし。帰宅したお隣さんに謝って、やっと家に入った。ところが、足湯をしたり遅い昼ごはんを食べたりして落ち着いた息子は、ケロッとしてくだらない事をぺらぺら話し出す。お前、本当に反省したのか?・・・本人にそう聞いてみたら、お返事は「はんせいって、どういう意味?」・・・・・・ぐっ。
叱られるのは嫌だろうが、叱る方も嫌だし、疲れるのだ。叱られたら反省してほしいよ。おまけに、この騒動の間息子が履いていた靴下は、オットが庭作業の途中でドロドロだった庭を何度も歩いたらしく、足の裏の部分に泥水がたっぷりしみこんでほとんど「靴底」と化していた。そして今日はその「靴底」を靴下に戻すべくひたすら揉み洗い。ああ、いい加減にしてほしいよ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月13日 (日)

犬のプリクラ

050213_1150.jpg
スキーに行くため、犬を2日間ペットホテルに預けた。
何度も預けているところなので、顔なじみの犬もいて、我が家の犬はペットホテルが大好き。
帰宅して、犬を引き取りに行ったら、こんな写真をもらった。
ピンクの大きなハート・・・犬のプリクラ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月12日 (土)

スキーはつらいよ

050212_0928.jpg
旅行などしている場合ではないのだが、息子が「スキーやってみたい!」と言い続け、雪があってスケジュール的に出かけられるのが今週末だけだったので、スキーに行ってきました。
私は運動おんちだ。スキーは嫌いだ。私にとってスキーは、変な機械に乗って否応無く山の上に連れて行かれ、それから足に邪魔な板を着けて、滑る雪の上を「落ちる」じゃなくて「降りる」になるように必死に踏ん張って降りてくるという感じしかない。そんな私でも一応ボーゲンが出来るのは、過去の恐ろしいスキーブームに付き合いでスキーに連れて行かれたからだ。
そんな私ですが、息子はかわいい。息子のスキーをしている姿は見たい。そこで、一泊二日の一日目は、私はスキーをはかずに、カメラ・ビデオ担当としてスキーをするオットと息子の後を追いかけて歩いていた。オットはスキーがとてもうまいので、安心して任せておける。
ところが、一日目の最初こそ息子はズルズルふらふらしてヒーヒー言っていたが、たちまち上達し、弾丸のように滑って行ってしまって長靴でもそもそ追いかけていたのでは滑っている姿を見ることが出来なくなった。そこで、一泊して二日目は私もスキーをすることに・・。
二日目、本当に何年ぶりかにスキー板をつけたが、感心なことにちゃんと滑り方を覚えていた(←当たり前)。ずっとボーゲンだけどね。ゴムまりのように弾んで滑っていく我が息子の姿も見れたし、何とか足も折らなかったし、幸いなことにリフトも止めずに済んだ(一応、今までリフトを止めたことはないのです)。めでたしめでたし。
帰り道、雪焼けした顔で、息子が「あーたのしかったー。また行こうね」・・・私はもう結構です。お父さんと二人で行っておくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月11日 (金)

教室講師連絡会

私が月2回初心者用編み物教室を担当させてもらっている日本アートクラフト協会で、今日、教室の先生たちの集まりがあった。
風邪気味の息子を頼むため母に家に来てもらって、後を頼んで出発。冬の平日のお出かけは、母まで巻き込んで大変なのだ。
定刻に会は始まった。私は一番の新入りなので、全ての先生に会うのは初めて。編み物の先生方は皆知っているが、刺繍の先生方は今日始めてお顔とお名前が一致した方が多かった。
年度末卒業式の話や、教室の生徒さんの興味をどうやってつなげていくかなどの話、あと、各自教室で心がけていることを一人一人話す時間があり、講師初心者の私には聞くことが全部勉強だった。
取りあえず、地道に続けていくことが大事だ、とたくさんの方に言って貰った。ありがとうございます。焦らず頑張ります。

帰ってみると、母と息子が大喧嘩の真っ最中。おいおい・・・。息子が全然母の言うことを聞かなかったらしい。「しつけがなってない。悪いことしたら、ちゃんと叱ってるの?」と言われた・・・・叱ってますって。叱りすぎて、最近じゃちょっと叱ったくらいじゃ効かないのだ。
母は「よっぽど犬の方がかわいい」と言い残して帰り、送り出して戻ってくると息子が「ひどい。ボクより犬の方がかわいいなんて、ひ~ど~す~ぎ~る~~~」と、天を仰いで泣いている。
どうすりゃいいんだこの状況・・・疲れて帰ってきたのに。あたしが泣きたいよ~!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年2月 8日 (火)

更新しました

昨日、今日とパソコン三昧でした。
機械編み展のDM発送のためのラベル出しに始まり、
ずっと後回しにしていた、昨年末の個展の写真をやっとホームページにアップ。
ちょこちょこいろんな所に手を入れていたら、あっという間に1日経ってしまう。
目が疲れた~~

ところで、息子の風邪が治らず、月曜日も幼稚園を休ませていたら、幼稚園の連絡網が回ってきて
「風邪の子供が多いので、今週は学園閉鎖になりました。次の登園は来週です」とのこと。
ぎょっ!・・・ということは、今週子供がベッタリ家にいるのかい。
風邪を治すにはちょうどいいけど、・・・エーン。私の自由を返して~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 6日 (日)

子供の風邪

実は金曜日の夜、ずっと風邪を引いていた息子がとうとう発熱し、夜中に熱にうなされて泣いたりと大変だった。
一晩寝たのがよかったのか、土曜日の朝は元気に起きてきたので、後はオットに頼んで、取りあえず安心して教室のため出かけたのでした。
いろいろ用事を済ませて夜帰ってみると、玄関に息子の泥だらけの靴。部屋に入ると、脱ぎ捨てられた息子のジャンパー。もしや、この寒いのに外遊びをしたんではあるまいな!?
息子に聞いてみると、やっぱり「今日隣の**くんと遊んだ~」・・・。熱は無いようだが、明らかに鼻水も咳もひどくなっている。オットに聞いたら「ずっと外遊びしてたよ。あ、ごめん・・・薬も飲ませてない」。オットは薬が嫌いなので、自分でもなかなか飲まないし息子にも飲ませたがらない。息子が風邪気味で私が幼稚園やプールに行かせるのを悩んでいる時でも、オットはいつでも「大丈夫だよ。行かせろ」と言う。子供は風邪をひきながら体力をつけていくものなんだそうだ。でも、発熱までしたんだからちょっとは安静にさせてよね~。
今日は今日で、止めろといっても外へ飛び出して遊ぶ息子。これじゃ風邪は治りっこない。熱が出てへろへろになってからアマたれてきても、知らないからね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 5日 (土)

教室の日

050205_0128.jpg
御徒町で教室の日。今日から入会の方が、初めてのかぎ針編みに挑戦しました。
鎖編み、細編み、長編みなどの基本的なものを練習してから、モチーフの本に載っていた一番簡単な四角いモチーフに、早速挑戦。ゆっくり、でも確実にモチーフは出来上がっていき、編地もきれいで感心してしまいました。
教室の事務局から、春夏用の小物を依頼されていたので、今日提出。上の写真は、和紙っぽい糸で編んだ携帯ケース。提出してほっとしたのもつかの間、今度は帽子の依頼を頂いてしまいました。依頼して頂くのはとてもうれしいのですが、また生みの苦しみだ。とほほ・・・。

その後、下北沢のスペース・スプラウトで手作り材料のフリーマーケットをやっているので、ちょっと見に行ってみた。余った毛糸や小物に値札をつけた物を前にして、座り込んで帽子を編んでいるヒト、編みぐるみを制作しているヒト、編み機で遊んでいるヒト、毛糸を玉に巻いているヒト、何だかフリマという雰囲気ではない・・・どう見ても創作工房にしか見えないよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金)

うれしい大間違い

昨日のことですが、機械編みのお仕事の締め切りが迫り夕方には発送しなければならず、しかしまだ必要数が出来上がっていないという状況でした。
大パニック!・・・というより、締め切りは決まっているんだから早くやればよかったんだよ~。他のお仕事も重なって、結局またギリギリだ。
朝から編み続け、お昼に子供に昼食を食べさせながらその間の時間もおしく、編みあがった編地のチェックなどしていたら、あら??1組多い・・。どうも編み上げた編地の数をひとつ少なく覚えていたらしい。
と、いうことは、これから編まなければいけない編地が一組減るということだ。
やった!ラッキー!神様ありがとう・・・というより、ちゃんとカウントしていない私が大馬鹿者ってことか・・。でも、こんな間違いならうれしい!
しかし、相変わらず大ボケだなあ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 1日 (火)

息子とバトル!

050201_2048.jpg
今日は朝から息子は呼んでも返事をしない、幼稚園バスのバス停にいくのにせかしてもわざとノロノロ歩く、と反抗が続いて、幼稚園に行ってしまった後は本当にほっとした。
幼稚園から帰ってくるときはニコニコして迎えよう、と思ったのに、バスから降りたとたん息子は小石を蹴飛ばしはじめ、そばの車に当たるから止めなさいといっても止めやしない。モー怒ったぞー!
帰宅してから「ヒトの車に石を蹴っちゃいけないのもわからない赤ん坊は、小学校になんか行けません。せっかくランドセルも用意したけど、もう1回幼稚園の年少さんからやり直しなさい。お母さんが先生にそう言っておきます」
と言ったら、息子は天を仰いで大泣きした。幼稚園は行きたがらないくせに小学校に行くのはすごく楽しみにしているのだ(不思議)。でも、もう一度幼稚園をやらせるといわれて本気にするのはやっぱりまだまだカワイイ。もう一度幼稚園に行かせるお金なんて、ありませんって・・・
息子のニクタラシ~い顔を載せてやろうかと思ったけど、止めて、屋久島土産にもらった鍋敷きの写真。そっくり・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »